10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Le Ciel Bleu

2014年8月末に10年近く住んだパリ(フランス)からブラッセル(ベルギー)に引っ越してきました。主人はフランス人。娘2人(内、長女は去年の春から日本の大学で勉強中)。犬1匹。親バカ。声フェチ。香りフェチ。黙っていれば上品なマダムに見えるらしいのですが、口を開くとおバカ丸出しの天然・・・らしい(友人説)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【ヲタママ萌え日記】 百鬼夜行/慎二終了 

百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


慎二の通常エンドと真相エンドを見ました。これでフルコンプです!(^^)!

このゲームの看板キャラということで非常~に期待していたのですけどね。しかもボイスは三木眞一郎さんだし!・・・・・・う~~むむむむ・・・・・・今一つテンションが上がりませんでした。ヒロインに対しては常に従順、しかし慇懃無礼、という設定だったのですが、この慇懃無礼な態度も生ぬるい!もっとドライで厭味ったらしくても良かったと思いますよ?S要素をもっと練り込んでいたらより萌えられたと思います。

真相エンドはまぁ、こんな感じかな、って感じでした。他キャラ攻略中に大体の予想はつくし、特にサプライズな要素もあるわけでなく、ただただそこへ行き着くまでに既読部分をひたすらスキップさせるのが面倒臭かったです。だってスキップボタンをずーっと押していなくちゃならないんだもの~~。一度押しで勝手にスキップするというシステムにして欲しかったです。これは前作の『逢魔時』の時にも不満に思っていたので、「またかっ」とがっくりしてしまいました(+_+)

ということで全体的には面白かったのですが、『逢魔時』を超える面白さがあったかというと、そこは微妙です。


【のーまる日記】はこの記事の上にアップする予定です☆
スポンサーサイト

category: 乙女ゲーム感想(2012年6~12月)

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

cm 4   tb 0   page top

【ヲタママ萌え日記】 百鬼夜行/椿&寒澤 

百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る



椿と寒澤を攻略しました。



椿(CV 入野自由

自由くん、なかなか美味しいキャラを演じていました(//∀//) 人付き合いが悪く(というか皆から恐れられている死神キャラ)、いつも低音でボソボソ喋るキャラです。なので時々セリフを聴きとりにくい時もあるんですけどね、でもその地味に聴こえるセリフの中にもひとつひとつちゃんと感情が込められていて、「やっぱ上手いな~この子!」と思ってしまいました。無口で硬派に見せておきながら、実は人一倍(死神一倍?笑)愛情に飢えていて人懐っこい椿。凄く可愛いです!母性本能をくすぐられますww そしてムッツリ!!修学旅行中に男子部屋に忍んで行ったヒロインちゃんが、見回りの先生に見つからないように椿の布団の中に隠れるというシーンがあるんですけどね、その時の椿の行動にニマニマしてしまいました(//∀//)❤ こういうキャラ、好きwww



寒澤(CV 岸尾だいすけ

今のところこのゲームで一番はまったキャラ!!最後の最後までジリジリと焦らされ続け、クライマックスでガバッとされました|*`艸´*|ヌフフフフ~ン 教師(寒澤)と生徒(ヒロイン)ということもあって、一応禁断の恋(?)設定になっているのかな?それだけが理由ではないのですが、寒澤先生ったらなかなか手を出してこない!もともと凄く優しくて温厚な先生なので、ヒロインちゃんとの恋になかなかその1歩を踏み出そうとしない時は「ヘタレ!?」と一瞬思ってしまったのですが、実は実は・・・・・っ。か~な~りのSキャラ設定だったという!ちょっと鼻血出そうな設定でした(//∇//(//∇//(//∇//) テレテレ いやぁ~、岸尾さんの声が最高でしたよっ❤ そうだなぁ~~、強いて例えるならば『ヴァンパイア騎士』の要さま?普段温厚な先生を演じている時はややゆっくり目のテンポの艶のある低音で。ヒロインちゃんに近づいてくる男どもに嫉妬する後半では更に磨きがかかった低音魔王ボイスで。この両方が堪りませんでしたっ(腰砕け~~) 岸尾さんは「ぽぺら~♪」な明るく女性的な声も、若くてピッチピチな男の子の声も好きですが、やっぱり一番ぐぐっとくるのはこの低音ボイスです♡



【のーまる日記】はこの記事の上にアップする予定です☆

category: 乙女ゲーム感想(2012年6~12月)

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

cm 0   tb 0   page top

【ヲタママ萌え日記】 百鬼夜行/飛浦・響乃・龍田終了 

百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


1週目に飛浦(CV 前野智昭)を攻略しようと思ったのですが、途中から飛浦はおまけキャラだということが判明!響乃(CV 森川智之)ルートから分岐すると飛浦ルートへ入れることがわかったので、まずは響乃から攻略してしまいました。

響乃、長身の死神で大きな鎌を振り回してはザックザクと周りの妖怪や人間を斬ってしまうという、怖~いキャラでした。初めなかなか甘いムードにならないので、このゲームがCERO判定D(17歳以上推奨)になっているのはエロシーンのせいではなく血だらけのグロシーンのせいかと思ってしまったほど。う~~ん・・・・・逃げようとする者ほど追いつめて殺すのが好きという虐殺好きキャラですからね、好きになれません。死神としてのお仕事で殺すだけならなんとか許容範囲なのですが、単に殺すのが好きだから無差別に・・・・というのには拒否反応が出てしまいます。私の中のモラルが・・・・モラルが・・・・(;´д`)あぁぁあ・・・

非常に残念ながら、せっかくの森川さんのときめきボイスも今回はブブ~~でございました(+_+) 明るくあっけらかーんとした元気ボイスなのですよ。それも後輩設定なので、見た目とのギャップについていけませんでした。どう見ても響乃は先輩キャラにした方がしっくりくるような。それでもってもっとニヒルなゾクゾクSキャラ設定にして欲しかったです。悪魔ボイスを期待してたのに・・・・・(苦笑)

それでもドキドキしてしまったのは、後半響乃とヒロインちゃんのエロシーンがD判定を納得させるようなものであったこと!( ̄▼ ̄*)ニヤッ 一種の官能小説的、な? 学生時代にちょっとエッチな小説を隠れて読んで、「きゃあ~(//∀//)♡」となってしまった時を思い出してしまいました(笑) ギリギリのところまで持っていって、その後は暗転、次のシーンへ・・・・・という運びになっています。後で攻略した龍田よりもエッチポイントは高かったような気が|*`艸´*|ヌフフフフ~ン


まず最初に私好みだと思った飛浦くんはですね・・・・・やっぱり私好みでした!!・:*:・(*/////∇/////*)・:*:・ 前野さんの声も凄く良くてですね、「なんでこのキャラがおまけキャラ的ポジションなのーーーっ!!???」と思いっきり憤慨してしまったほど(苦笑) ちゃんとした攻略対象キャラにして欲しかったなぁ~~。なんでダメだったのかなぁ~~。ぶつぶつぶつぶつ・・・・・・

龍田はですね、う~ん・・・・・シナリオにもう一ひねり欲しかったです。一般のタイプの乙女ゲーだったらこのままのシナリオでも十分OKなのですが、クインロゼさんのゲームですよ、怪談ロマンスシリーズなわけですよ。ストーリー進行があまりにもベタな展開になっていて、ヒロインちゃん同様心の中で「なにこの三流映画のような展開は!?」と思ってしまいました。もうちょっとブラックユーモアとスパイスを利かせていたら良かったかと。

それでも龍太を演じていた梶裕貴くんの声が素晴らしく良くてドキドキしてしまったのですがね(笑) あ、いや、梶くんの声はいつも良いのですが、このおばさんにとってはまだまだお子ちゃまボイスという感が強かったのですよ、今までは。それが今回驚くほどに成長を遂げたというか、色っぽいセダクティブなボイスになっていたんでビックリ!シナリオ上、初めは嫌味なツンツンボイス(無理しているのが聴き取れる低音ボイス)だったのが、後半あることをきっかけに甘くスイートな男子に変わるのですよ。その前と後のギャップにはまりました、萌えましたww(//∀//) 後の方の梶君の甘いボイスにウハウハ状態で、頬が緩みっぱなしでした。何度にも渡っての強行「好きだ好きだ」攻撃をまともに喰らって腰砕けでしたもの(爆)

龍太攻略時に、ルートを分岐させるとヒロインの親友、姥爪ルートにも入れます。女の子キャラというのは特にときめかないのですが、猫又妖怪の彼女の目が暗闇で光った時には爆笑してしまいましたwww

【のーまる日記】はこの記事の上にアップする予定です☆


category: 乙女ゲーム感想(2012年6~12月)

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

cm 0   tb 0   page top

【ヲタママ萌え日記】 百鬼夜行~怪談ロマンス~/始めました♪ 

百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)百鬼夜行 ~怪談ロマンス~(通常版)
(2012/10/25)
Sony PSP

商品詳細を見る


始めました~❤

前作の逢魔時に続いて今回も豪華キャスト!CERO判定がDになったということでエロさアップに期待しているのですが・・・・・(ムフ♡)、今のところはエロさではなくグロさがD判定になった理由なのかな?と思えるシーンが目に付きます。グロいとは言っても内臓とかがスプラッタ・・・・というんではないですけどね(ホッ♡)、殺すのが大好きな死神さんが2人も出てきちゃうんで、彼らが大きな鎌や日本刀を振り回して周りにいる妖怪(学校の生徒)をめった斬りにするというシーンがしょっちゅう出てくるんです。殆ど無差別攻撃なんでねぇ・・・・・スチルで身体中を切り刻まれて血まみれになっているいかにも無害そうな妖怪さん達が出てくると、ちょっと可哀相になってしまいます(;´д`)あぁぁあ・・・ しかもその死神2人の声を演じているのが、私の大好きな森川智之さんと入野自由くんだったりするので、ちょっと複雑な気持ちに。いいんですけどね・・・・いいんですけどね・・・・だってSキャラ設定ってことでしょ、つまりは?Sキャラ好きだもの、森川さんのSボイスなんて特に好きだもの!!

でも最初っから死神キャラを攻略するのはちょっと刺激が強すぎるような感じがしたので、まずは序盤で好印象だった飛浦くんを攻略することに。声は前野智昭さん♡ 前回遊んだ『白華の檻』での秋房には大惚れしてしまいましたもの~~(//∀//) 今回も凄く優しそうなキャラなんですぐに飛びついてしまったのですが・・・・・もしかすると腹黒くんなのかもしれません。天狗キャラだもの~~。逢魔時でも飛浦という名の天狗が登場しましたが、兄弟、なのでしょうか?逢魔時の中で舞台になった高校とは違う高校が舞台になっているのですが、お互いの高校がそう遠く離れていない所になるらしいので、血縁者の可能性が高いです。逢魔時の飛浦は腹黒だったものなぁ~~、今回もそうなのかも・・・・・・。


【のーまる日記】はこの記事の上にアップする予定です☆

category: 乙女ゲーム感想(2012年6~12月)

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

cm 0   tb 1   page top

【ヲタママ萌え日記】 白華の檻/秋房 

白華の檻 ~緋色の欠片4~(限定版)白華の檻 ~緋色の欠片4~(限定版)
(2012/09/20)
Sony PSP

商品詳細を見る


秋房(CV 前野智昭)を攻略しました♡

幻灯火に継ぎ、大大大好きなキャラとなりました!!(//∀//)❤ これでフルコンプとなったわけですが、秋房を最後にとっておいて本当に良かった~~っ。もう今、幸せ一杯な気分ですっ!!

秋房は他の攻略対象キャラよりは背も低いし一見お子様で(って、単に他のキャラが皆揃いも揃って長身で大人っぽいだけなんですけど・苦笑)、剣の腕もそんなに強くはないんです。でも、いつでもどこでもその心はヒロインちゃんのところにあって、彼女を守る為、幸せにする為にはどんな努力も惜しまない子なんです。そんな生真面目過ぎるほど真っ直ぐな秋房の心にすぐ惚れてしまいました(//∀//)♡まえぬの声はもともと大好きなのですが、今回は特にパワー全開といった感じの演技で、聴きながら大満足してしまいました。

加えてシナリオが物凄かった!!1章から4章までは大分スキップできるところがあったのでサッと終わってしまったのですが、5章から7章まではもう驚きの連続だらけで、一体何回鳥肌が立ってしまったことか!最後のクライマックスではもう涙が・・・・・。・゚・(*ノД`*)・゚・。 シクシク それに今回まえぬは何度も叫ばされています。「うおおおおおおおおっ」とか「ぐおおおおおおおおおっ」とか(ん?違う掛け声だったかな?)それはもう何度も何度も。その掛け声とか叫び声にも十分すぎるほどの気合と迫力が詰まっていて、聴きながら大興奮しておりましたよww なんて清々しい気合の入れ方なんだろうww(//∀//)

先に秋房は剣の腕もそんなに・・・・と書きましたが、後半驚くような展開があります。あの秋房が・・・・秋房が・・・・ものすご~~い変貌を遂げるんですよっ、滅茶苦茶格好イイ変貌を!!変貌を遂げる前の秋房も私的には十分格好良かったのに、更にパワーアップされたらもう心臓バクバクも良いところです(//∀//)♡ 

サブキャラなのですが、斎賀みつきさん演じる智則も凄く良かったです!斎賀さんの声だともうそれだけで攻略したくなってしまうんですけどね、残念ながら今回は攻略対象外なんですよ(_ _。)・・・シュン それでも秋房ルートでは智則、凄く重要な役割を演じています。BADEND後の爆笑玉依指南所にも登場しますからね、最高ですww

ところで、このゲームをしながら常に疑問に思ったことがあります。ヒロインの詞紀って寿命、一体どのくらい残っているんでしょうか?だってストーリー上、この世に終焉をもたらす【剣】を封印する為に、ヒロインは何度も自分の命を削るんです。何年もこの命を削る封印の儀式を続けているということは、それだけでもう彼女の寿命は短くなってしまったということ。加えて秋房ルートでは、更に自分の命の半分を封印の為に捧げてしまうんですよね。それって凄くヤバくないですかっ!?めでたくHappy Endに行き着いたところで、ヒロイン、普通だったらもう寿命があまり残っていないんでは・・・・・??そんな余計な心配をしてしまいました(苦笑)

ではこれからゲームに付いてきたドラマCDを聴いてきます♪♪ え、次に手を付けるゲームですか?うふふ、悩んだ末に『百鬼夜行~怪談ロマンス~』にすることにしました。白華の檻に出演していた森川智之さんも前野智昭さんも出ているんだもーん❤ 他のキャストも豪華過ぎるくらいに豪華です!(//∀//)

【のーまる日記】はこの記事の上にアップしますね☆

category: 乙女ゲーム感想(2012年6~12月)

thread: 乙女ゲー - janre: ゲーム

cm 0   tb 0   page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Twitter用空飛ぶアイコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。