10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Le Ciel Bleu

2014年8月末に10年近く住んだパリ(フランス)からブラッセル(ベルギー)に引っ越してきました。主人はフランス人。娘2人(内、長女は去年の春から日本の大学で勉強中)。犬1匹。親バカ。声フェチ。香りフェチ。黙っていれば上品なマダムに見えるらしいのですが、口を開くとおバカ丸出しの天然・・・らしい(友人説)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

cm --   tb --   page top

【のーまる日記】 最近読んだ本 

流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)流転の王妃の昭和史 (新朝文庫)
(1992/03)
愛新覚羅 浩

商品詳細を見る


色々と考えさせられた1冊でした。愛新覚羅浩さんの目を通しての満州での動乱。こんなことがあったのかっ、と目からウロコの思いをさせられたエピソードもたくさんありました。戦争の事柄とは別に、御長女を亡くされた時のエピソードもなんとも痛ましく残酷でした。読んでいて本当に悲しくなる自叙伝なのですが、せめともの救いは政略結婚と謳われた彼女の結婚にも愛が満ち溢れていたということ。あとがきでの愛新覚羅溥傑氏の妻に対する想いに涙が止まりませんでした。


読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)読むだけですっきりわかる日本史 (宝島社文庫)
(2008/06/03)
後藤 武士

商品詳細を見る



確かにとても分かりやすく面白かったです。外国育ちの我が娘達も日本の歴史の勉強に於いては苦労させられていますが、この本を読んだらもう少し歴史の流れを理解できるかもしれません。権力がどの部族から部族へ、どの将軍から将軍へ移り変わっていったのか、その時の権力者を取り巻人々のたくらみなども含めて分かりやすく、かつシンプルにまとめてあるので頭の中がごちゃごちゃになりません。ややこしい第一次、そして第二次世界大戦がどのような背景で起こったのかも簡潔にまとめてあります。どちらかというと中学生を対象にしたかのような砕けた語り口調も良かったです。


【ヲタママ萌え日記】はこの記事の↓にアップしてあります☆

category:

thread: オススメの本の紹介 - janre: 本・雑誌

cm 0   tb 0   page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://kumiminami.blog.fc2.com/tb.php/712-9ed92298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

プロフィール

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

Twitter用空飛ぶアイコン

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。